沿革

平成14年12月 株式会社ファンドクリエーション設立
平成15年7月 業務拡大のため六本木ヒルズけやき坂テラスに移転
平成15年11月 「FCファンド-レジット不動産証券投資信託」設定
平成16年2月 「フェイム-アイザワ アジア中小型株ファンド」設定
平成16年6月 「申銀萬国・アイザワ 中国A株ファンド1号」設定
株式会社FCインベストメント・アドバイザーズ 設立
業務拡大のため六本木ヒルズ森タワーへ移転
平成16年7月 上海創喜投資諮詢有限公司(FC上海)設立
平成16年9月 「申銀萬国・アイザワ 中国A株ファンド2号」設定
平成16年12月 「FCチャイナトラスト-チャイナエキスプレス中国不動産証券ファンド1号」設定
「FCトラスト-ジェイ-グランド不動産証券投資信託」設定
平成17年3月 「FCチャイナトラスト-チャイナエキスプレス中国不動産証券ファンド2号」設定
平成17年5月 「FC J-トラストー上場期待日本株ファンド」設定
平成17年7月 「FC C-申銀萬国・アイザワ上場期待中国株ファンド」設定
平成17年10月 「FC Tトラスト-大福-アイザワ 好配当利回り中国株ファンド」設定
平成17年11月 FCパートナーズ株式会社設立
平成17年12月 「FCチャイナトラスト-チャイナエキスプレス中国不動産証券ファンド3号」設定
平成18年10月 「フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド」設定
株式会社ファンドクリエーションがジャスダック証券取引所に上場
平成19年1月 「フィリップ―アイザワ トラスト タイファンド」設定
平成19年4月 「申銀萬國・アイザワ 中国A株ファンド3号」設定
平成19年5月 「MFMCP-アイザワトラスト フィリピンファンド」設定
平成19年6月 「FC Tトラスト-大福-アイザワ 中国ナンバーワンファンド」設定
平成19年9月 ファンドクリエーション・アール・エム株式会社設立
平成19年11月 「フィリップ-アイザワ トラスト インドネシアファンド 」設定
平成20年5月 「FC T トラスト - 大福 中国国策ファンド」設定
平成20年6月 「FC S トラスト アジア資源株ファンド」設定
平成20年9月 「FC S トラスト-プラザコモディティファンド-[ロジャーズ国際商品指数TM] 」設定
平成21年5月 株式移転により株式会社ファンドクリエーショングループ設立
株式会社ファンドクリエーショングループがジャスダック証券取引所に上場
平成23年5月 株式会社ファンドクリエーショングループ及び子会社3社が半蔵門ファーストビルへ移転
平成26年3月 「福岡川崎ソーラーファンド 福岡川崎ソーラー事業匿名組合」設定
平成26年9月 「福岡田川ソーラーファンド 福岡田川ソーラー事業匿名組合」設定
平成27年2月 「三重芸濃ソーラーファンド 三重芸濃ソーラー事業匿名組合」設定
「栃木益子ソーラーファンド 栃木益子ソーラー事業匿名組合」設定
「熊本明徳ソーラーファンド 熊本明徳ソーラー事業匿名組合」設定
平成27年4月 「フォレシティ門前仲町任意組合」設定
平成27年10月 「フォレシティ肥後橋任意組合」設定
平成27年12月 「福岡豊前ソーラーファンド 福岡豊前ソーラー事業匿名組合」設定
平成28年3月 「福島二本松ソーラーファンド 福島二本松ソーラー事業匿名組合」設定
「和歌山新宮ソーラーファンド 和歌山新宮ソーラー事業匿名組合」設定

このページの先頭に戻る