社長挨拶

代表取締役社長 田島 克洋

ファンドクリエーショングループは、様々な領域のプロフェショナルを招聘することで、金融商品を既存の概念にとらわれることなく、投資家のニーズを汲み上げ、今までにない魅力的なファンドの開発・運用に積極的に取り組んでいます。

今、日本には1500兆円を超える個人金融資産があると言われています。しかしながら、その半分は現預金であり、投資信託の占める割合は5%にも満たないのが現状です。一方、米国では、現預金は13%に止まり、投資信託は14%にも上っており、投資信託が個人金融資産の重要な位置を占めております。これは、日本において、まだまだ魅力的なファンドが少なく、米国ほど、ファンドが投資家の支持を受けるに至っていないのが原因ではないでしょうか。

資金を提供したい投資家と、新しいアセットや事業機会といった投資対象を、ファンドを経由して結びつけることが私たちの役割であり、このファンドという器を使って、世の中における資金の流れを良くし、わが国経済の活性化に寄与することが当社の使命であると考えています。

「金融と不動産の融合によるファンドビジネス」を標榜する当社グループは、ファンド運用資産残高及び不動産等受託資産残高の拡大に注力することで、更なる収益基盤の安定化に努めてまいります。これまで、当社グループは、日本の不動産・上場株・未上場株、中国の不動産・A株・未上場株、アジア新興国株等、様々な投資対象を透明性の高い公募の投資信託で提供してまいりました。これからも、着実に、スピーディーに、そしてグローバルに、魅力ある金融商品の開発・運用に積極的に取り組んでまいります。また、当社グループの最大の特徴は、不動産と証券それぞれにおいてファンド事業と自己投資事業を行っている点にあります。両事業のシナジー効果を最大限に活かした経営戦略のもと、収益拡大による企業価値向上を図ってまいる所存でございます。

ここに謹んでご挨拶申し上げるとともに、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭に戻る