開示方針

基本方針

投資家の皆様に、公平かつ適時適切な情報を開示することで、IR活動に対する信頼性を高めるとともに、当社ならびに当社グループについての理解を深め、企業価値を適正に資本市場の評価を得ることを目指します。

以下の方針に基づき、IR情報の開示や提供、お問い合わせの対応等を行う方針です。

  • 1.情報開示基準
    当社では、当社が株式上場している大阪証券取引所が定める適時開示規則に則って適時開示を行ってまいります。
    また、当社では適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報であっても、投資判断に影響を与えると思われる決定事項、発生事項及び決算に関する情報を、できるだけ速やかにかつ公平に情報開示を行ってまいります。
  • 2.情報の開示方法
    適時開示規則に基づく開示事項に該当する情報開示は、東京証券取引所の提供するTDnetにて開示しております。
    証券取引所の提供する適時開示情報システムで公開した情報は、当社ホームページにて、できるだけ速やかに公開することとしています。
    また、適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえ、適切な方法により当該情報が投資家の皆様に伝達されるよう配慮いたします。
    但し、当社ホームページの情報掲載が都合上、遅れる場合がありますことをご了承ください。
  • 3.業績予想および将来の予想について
    当社では、決算短信に記載する業績予想に加えて、将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。また、メディア、説明会、各種資料、質疑応答等には、将来の見通し、見解などが含まれる場合があります。それらの情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでおります。
    従いまして、将来の情報につきましては、前提の変更に伴い、予告なしに変更されることがあり、また実際の業績は、さまざまな要素により、これら見通しとは大きく異なる結果となりうる可能性があることをご了承ください。
    また、第三者によるいかなる当社に関するコメント、業績予想等をも支持することをいたしません。
  • 4.沈黙期間
    当社は、決算(中間および四半期含む)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、当期間中に発生した事象が適時開示規則に該当する情報であった場合には、すみやかに情報開示を行うこととしております。

このページの先頭に戻る